Top

 お店に行くと何気なく並んでいる口どけのよいチョコレートや肌をつややかにするクリームには、幾つもの最先端の科学技術が込められています。私達は、口の中や皮膚の上で起こっている現象を界面化学的に解析し、これまでになかった食品や化粧品、さらには医療用ロボット開発につなげる研究に取り組んでいます。美味しさと美しさの科学に興味のある方はぜひ一度お越しください。

お知らせ

<プレス>
・亀卦川奏さん、久原利英子さんのしっとり感の発現メカニズムに関する論文が山形新聞で紹介されました。http://yamagata-np.jp/news/201907/11/kj_2019071100231.php

<論文>
・亀卦川奏さん、久原利英子さんのしっとり感の発現メカニズムに関する論文がRoyal Society Open Scienceに受理されました。電気通信大学 坂本真紀先生、大東化成工業との共同研究の成果です。 2019年6月11日

<論文>
・大河原雛さん、四宮功貴さんの寒天ゲルの摩擦に関する論文がJournal of Oleo Scienceに受理されました。 2019年6月11日

<書籍>
. 化粧品科学へのいざないシリーズ第4巻「化粧品の成り立ちと機能」を薬事日報社から出版(分担執筆) 2019年5月20日

<書籍>
・“Molecular Soft-Interface Science”をSpringerから出版(分担執筆) 2019年5月10日

<論文>
・奥川南子さん、渡邊貴正さん、三浦茉樹さんのアルカンジオールの殺菌挙動に関する論文がJournal of Oleo Scienceに受理されました2019年5月1日

<論文>
・三浦茉樹さんの脂肪酸のTLCに関する論文がJournal of Oleo Scienceに受理されました2019年3月19日

<論文>
・佐々木潮里さんのナノ粒子ゲルの摩擦に関する論文がChemistry Lettersに受理されました。2019年3月17日

<論文>
・和賀美音さん、會田悠城さんのハサミ型触覚VRの論文がTechnologiesに受理されました。2019年2月24日